炊き方

おいしい炊き方

アルファー食品の

おいしい炊き方

出雲のおもてなしシリーズ、お赤飯等
おこわの炊き方をご紹介。

炊飯器での炊き方

洗米つけ置き不要! ※基本的なご使用方法は、炊飯器の取扱説明書に従ってください。
●2箱または、3箱一緒に炊飯することもできます。
●5合炊き用以上の炊飯器でしたら、2箱一緒に炊くことができます。

1炊飯器の内釜に正しい水量を入れます

1箱・2箱・3箱分を炊くときの水量目安(mℓ)
※お水の量はお好みにより加減ください

商品名1箱(袋)2箱(袋)3箱(袋)
まごころお赤飯300ml540ml770ml
丹波大納言小豆のお赤飯250ml480ml720ml
山菜おこわ250ml480ml700ml
鶏とごぼうのおこわ230ml430ml600ml
柚子香る瀬戸内海産天然真鯛おこわ230ml430ml600ml
紀州産梅とじゃこのおこわ280ml500ml720ml
宍道湖産しじみのおこわ240ml450ml630ml
和栗と丹波大納言小豆のお赤飯230ml430ml630ml
松茸おこわ190ml410ml580ml

2「小豆」または「具材」を入れた後、「お米」を入れて、すぐにかき混ぜてください

※後まぜ具材は除く
「すぐ炊けるお米」の袋から、脱酸素剤を取り出すのを忘れないでください。

3スイッチをすぐに入れます

炊飯器メーカーにもよりますが、炊飯器にあるコースボタンやメニューボタンを数回押し、【早炊き】【急速】【高速】【倍速】などに設定してください。(下の表をご参照ください)

メーカー設定方法
象印メニューを押し白米急速を選び炊飯を押す
東芝メニューで白米急速を選び炊飯・スタートを押す
三菱お米を押し白米を選び炊飯お急ぎを押す
日立炊きわけを押し白米快速を選び炊飯を押す
パナソニックコースを押し早炊きを選び炊飯を押す
シャープ炊飯メニューを押し白米急速を選び炊飯を押す
サンヨーお米選択で白米に合わせメニューで高速を選び炊飯・スタートを押す
タイガーメニューを押し早炊きを選び炊飯を押す ※土鍋タイプはおこわモードを選び炊飯を押す

※機種によって異なる場合がございます。ご不明な場合はお問い合わせください。
(その際は、炊飯器の型番をお知らせください)
※ガス炊飯器は、スイッチを入れるとすぐに強火加熱が始まりますので、ご注意いただくことは特にありません。
(早炊きなどの設定がある場合は、早炊きなどの設定で炊飯してください)

4スイッチが切れたら、軽くかき混ぜてお召しあがりください。

後まぜ具材がある場合は混ぜ込んでください。
普段ご飯を炊く時に蒸らしが必要な炊飯器の場合は、10分ほど蒸らしてください。

5PDFでも炊き方をご覧いただけます

鍋・土鍋での炊き方

ふたつきの鍋をご用意ください。基本的なご使用方法は、鍋や土鍋の取扱説明書に従ってください。
2箱を一緒に炊飯することもできます。

1鍋に水を入れます

1箱・2箱・3箱分を炊くときの水量目安(mℓ)
※お水の量はお好みにより加減ください

商品名1箱(袋)2箱(袋)
まごころお赤飯300ml540ml
丹波大納言小豆のお赤飯250ml480ml
山菜おこわ250ml480ml
鶏とごぼうのおこわ230ml430ml
柚子香る瀬戸内海産天然真鯛おこわ230ml430ml
紀州産梅とじゃこのおこわ280ml500ml
宍道湖産しじみのおこわ240ml450ml
和栗と丹波大納言小豆のお赤飯230ml430ml
松茸おこわ190ml410ml

2「小豆」または「具材」を入れた後、「お米」を入れて、すぐにかき混ぜてください

※後まぜ具材は除く
ご注意水の中に「すぐ炊けるお米」を入れると、即吸水して固まってしまいますので、すぐにかき混ぜてください。
「すぐ炊けるお米」の袋から、脱酸素剤を取り出すのを忘れないでください。

3蓋をしてすぐに強火で炊きます
沸騰したら弱火にしてください

アルファ化米は吸水が早いので、水と合わせたら、すぐに加熱を始めてください。
沸騰までの強火が3分前後。
米の表面の水がなくなるまでの弱火が4分~8分程度。
商品、容器サイズ、調理機器等により異なりますので、ご参考までに。

4表面の水がなくなったら、火を止めます
火を止めた状態のまま、20分以上蒸らしを行います

ご注意パチパチと音がしだしたらすぐに火を止めてください。
この時点では芯が残っていますが、蒸らしを行うことで芯はなくなり、おいしく炊きあがります。
※おいしく仕上げるコツは、十分に蒸らしを行うことです。

5蒸らしが終わったらかき混ぜ、盛り付けてできあがりです。

後まぜ具材がある場合は混ぜ込んでください。

6PDFでも炊き方をご覧いただけます

圧力鍋での炊き方

基本的なご使用方法は、圧力鍋の取扱説明書に従ってください。2箱を一緒に炊飯することもできます。

1鍋に水を入れます

1箱・2箱・3箱分を炊くときの水量目安(mℓ)
※お水の量はお好みにより加減ください

商品名1箱(袋)2箱(袋)
まごころお赤飯270ml540ml
丹波大納言小豆のお赤飯220ml440ml
山菜おこわ220ml440ml
鶏とごぼうのおこわ200ml400ml
柚子香る瀬戸内海産天然真鯛おこわ200ml400ml
紀州産梅とじゃこのおこわ250ml470ml
宍道湖産しじみのおこわ210ml420ml
和栗と丹波大納言小豆のお赤飯200ml400ml
松茸おこわ190ml380ml

2「小豆」または「具材」を入れた後、「お米」を入れて、すぐにかき混ぜてください

※後まぜ具材は除く
ご注意水の中に「すぐ炊けるお米」を入れると、即吸水して固まってしまいますので、すぐにかき混ぜてください。
「すぐ炊けるお米」の袋から、脱酸素剤を取り出すのを忘れないでください。

3蓋をしてすぐに強火で炊きます
圧力がかかり始めたら(沸騰したら)、弱火にします

ご注意圧力がかかってもおもりがまわらず、音も出ません。
耳確認ではなく、赤いピンが立ち上がったことを目で確認してください。
圧力が安全範囲より高くなった場合(異常圧)は、火を止めてください。
弱火時間の不足は、❹の蒸らし時間を長くしていただくことでできあがります。

43分~4分(目安)経ったら火を止めます
火を止めた状態のまま、20分以上、蒸らしを行います

ご注意異常圧で弱火時間が少なかった場合は、25分以上蒸らしてください。

5自然に圧力が下がり、圧力が抜けていることを確認してから蓋を開けます

6かき混ぜ、盛り付けてできあがりです

後まぜ具材がある場合は混ぜ込んでください。

7PDFでも炊き方をご覧いただけます

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ